群馬大学教職員組合荒牧支部

組合加入のメリット

個人にとってのメリット

組合に入る大きなメリットは、群馬大学で働いている他の職場や職種の人たちと交流する機会ができることです。荒牧支部でも、各種のイベントを企画しており、学部やキャンパスを超えた活発な交流が行われています。

組合のビアーパーティ

また、労働金庫の利用や、教職員の生活全般をサポートする各種共済を取り扱っています。これらは非営利の団体ですので、一般の金融機関や保険よりも有利な条件になっています。いつでもご相談ください。

入ったら役員をやらされて大変?

組合に入ったからといって役員を強制されることはありません。それぞれの立場で、自主的に参加することが原則ですし、退会も自由です。また、群馬大学教職員組合は、大学・高専の組合の全国組織「全大教」に加盟していますが、特定政党等の支援は一切行っていません。群馬大学教職員組合への加入者情報が他組織に流れることは一切ありません。

組合費は本俸の1%上限5,000円

組合を運営するためにはどうしても組合費が必要です。組合員のみなさんにお願いしている組合費は基本給の1%上限5,000円です(2009年6月29日の群馬大学教職員組合定期大会で,荒牧・昭和地区・桐生各支部の組合費が統一されました)。

組合員が増えれば、さらに値下げすることも視野に入ってきます。ぜひわれわれの仲間になっていただき、労働環境の改善をいっしょに要求していきましょう。

[next] 加入申し込み方法
Last Update 2012.07.03.
このページに関するお問い合わせは,社会情報学部・伊藤までどうぞ。
電話:027-220-7460、e-mail: itoken@si.gunma-u.ac.jp